北川鉄工所<6317>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年4月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

北川鉄工所

3ヶ月後
予想株価
3,000円

自動車や建機部品の鋳造の他、工作機械、立体駐車場等、多角的に事業展開。旋盤用チャックは国内シェア約6割。年間配当予想は記念配当7円を含む77円。18.3期3Q累計は日幅減収も、経常益と最終益が二桁の増益。

18.3通期の経常益と最終益は二桁の増益予想。、金属素形材事業は建設・農業機械向け部品が堅調に推移。工作機器事業は海外のEMS 向けが予想を上回った。期初よりも円安基調も寄与。株価は急落前水準を目指す。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/55,000/4,600/5,000/3,300/351.57/77.00
19.3期連/F予/60,000/5,000/5,500/3,600/383.79/70.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/03
執筆者:NI

<FA>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。