三井住友、ユーザベース◆今日のフィスコ注目銘柄◆

三井住友

14日発表した2018年3月期決算は、純利益が前期比4%増の7343億円だった。期初の業績見通しは11%減の6300億円。国内外の底堅い景況感や株式市場の動向で大幅に業績が上振れした。19年3月期は7000億円を見込む。コンセンサスを若干下回る格好ではあるが、株価は足元で低迷していることもあり、アク抜けが意識されやすいだろう。

ユーザベース

前日のマドを空けての上昇で4月19日以来の高値を更新している。足元では調整が続いていたが、13週線を支持線にリバウンドをみせており、一気に高値を更新した格好となった。高値更新により、2500円処を支持線に、直近の調整幅をリプレイスした2800円処が次のターゲットとして意識されそうである。

<CS>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。