欧州為替:ドル・円は一時111円04銭、ユーロは売り先行

 ドル・円は、欧州市場では111円を挟んでもみ合う展開が続く。一時111円04銭まで上昇した。イタリア懸念からユーロが主要通貨に対して売られ、ユーロ・ドルは1.17ドル台まで弱含んでおり、その影響でドル・円は小幅に押し上げられたもよう。米10年債利回りは低下気味だが3.10%付近での推移を維持しており、ドル・円は111円付近で底堅い値動きとなっているようだ。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円89銭から111円04銭。ユーロ・円は130円67銭から131円13銭、ユーロ・ドルは1.1775ドルから1.1815ドルで推移。

<KK>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。