東京為替:ドル・円はもみあい、日本株はプラス圏推移

15日午前の東京市場でドル・円は110円50銭台で方向感の乏しい値動きが続く。日経平均株価は前日比約100
円高の堅調地合いで、株高を意識した円売り基調に振れている。また、米10年債利回りは2.91%台から2.92%台に戻し、限定的ながらドル買いも観測される。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円46銭から110円69銭、ユーロ・円は127円70銭から128円17銭、ユーロ・ドルは1.1555ドルから1.1585ドルで推移した。

<MK>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。