14日のNY市場はまちまち

[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;25175.31;-25.89
Nasdaq;7761.04;+65.34
CME225;22835;+135(大証比)

[NY市場データ]

14日のNY市場はまちまち。ダウ平均は25.89ドル安の25175.31、ナスダックは65.34ポイント高の7761.04で取引を終了した。欧州中央銀行(ECB)が量的緩和を年内に終了する一方で、政策金利を19年夏まで据え置く方針を示したことが好感され、欧州株がほぼ全面高となり、米国株にも買いが先行した。5月の小売売上高や輸入物価指数が予想を上振れたものの、トランプ政権が中国に対する新たな関税計画を検討しているほか、米国債利回りの下落を受けて金融株に売りが広がり、上値の重い展開となった。
セクター別では、メディアや公益事業が上昇する一方で銀行や自動車・自動車部品が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比135円高の22835円。ADRの日本株はトヨタ、ソフトバンクG、ファナック、ファーストリテ、任天堂、デンソー、資生堂、日東電、TDKなど、対東証比較(1ドル110.66円換算)で全般堅調。

<TM>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。