東京為替:ドル・円は横ばい、売りと買いに挟まれこう着

14日午後の東京市場で、ドル・円は114円手前の水準で横ばい推移が続く。113円70銭以下は買いオーダー、114
円以上は売りオーダーが並んでおり、レンジ取引となりやすい。一方、欧米株式先物はプラス圏を維持しており、今晩の株高を期待したドル買い・円売りに振れやすいようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円76銭から113円99銭、ユーロ・円は128円42銭から128円98銭、ユーロ・ドルは1.1286ドルから1.1320ドルで推移した。

<MK>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。